ハヤタ雑貨店 - 日常に溢れる素敵なモノ

日常に溢れる、素敵な「モノ・コト」をご紹介!

小笠原ひとり旅〜父島編

先日、おがさわら丸の魅力についての記事を書きました。

今回からは3回に分けて小笠原滞在中の話を書いていきたいと思います。

  1. 父島編(今回)
  2. 南島編
  3. 硫黄島周遊編

 

まずは簡単に旅の行程をご紹介。

船中泊も入れると5泊の旅行でした。

 

1日目:竹芝出発(船中泊)

2日目:父島到着後、硫黄島周遊に出発(船中泊)

3日目:硫黄島から父島へ(父島泊)

4日目:南島上陸(父島泊)

5日目:島散策〜父島出発(船中泊)

6日目:竹芝到着

 

それではここから、「父島編」スタートです。

 

 

①大神山神社パノラマ展望台

父島に着いてまず行ったのが「大神山神社パノラマ展望台」。

おがさわら丸を降りてふらっとしていた時に、展望台らしきものを発見したので登ってみることにしました。

 

下から見るとすごい山の上にあるようにに見えましたが、とりあえず展望台に向かって歩き出してみました(船から降りた勢いです!)

 

急な階段と坂道を上がり、30分ぐらい掛かってなんとか到着です…。この日の気温は30度超え!着いた頃にはすっかり汗だくでした。

 

さて、そんな展望台からの景色がこちら。

 

f:id:hayata-zakka:20180903215329j:plain

 

展望台からは二見港、  海岸を一望できます。さらに10分ほど奥に進んだところにあるパノラマ展望台からは反対側の宮之浜方向も見ることもできるんです。

 

父島に着いて、すぐこんな素敵な景色を見ることができてテンションがぐっと上がりました!それと同時に「来て良かったー!」「これからどんな素敵なことがまってるんだろう」と急に小笠原に来たことを実感してワクワクしてきました!

 

②大村海岸

二見港のすぐそばにあるのが大村海岸。海の色がとっても綺麗です。

この日、泳いでいる観光客らしき人は数人いる程度でとても静かでした。

f:id:hayata-zakka:20180908102839j:plain

 

③初ご飯は HALE 〜ハレ〜

父島初日のランチ。

二見港すぐ近くの「HALE」の雰囲気が良さそうだったので入ってみました。

(父島はおがさわら丸が停泊する二見港がすべての拠点になります)

 

小笠原初ごはん 海鮮丼!ドドン!美味しい〜

f:id:hayata-zakka:20180908103037j:plain

 

展望台に登って汗だくになった後のレモネードは最高です!

f:id:hayata-zakka:20180908103054j:plain

 

④大村トンネルと清瀬トンネル

二見港のすぐそばには大村トンネル。抜けてすぐに清瀬トンネルと2つのトンネルがあり、その先は清瀬地区、奥村地区方面へと続いています。近道になる上、とても涼しいです。

 

f:id:hayata-zakka:20180908103456j:plain
f:id:hayata-zakka:20180908103507j:plain
f:id:hayata-zakka:20180908103514j:plain



 

⑤「洋風居酒屋CHARA」で夕飯

二見港の近くを歩いていて見つけたのが「洋風居酒屋CHARA」

 

店内は混み合っていましたが、一人だったのでカウンター席にすぐ入れました。

父島はひとり旅で訪れる人が多いこともあり、カウンターのあるお店が多いです。一人でも割と入りやすいようですよ。

 

キンキンに冷えたビールに新鮮なお刺身や島キュウリの漬物。

暑い島で1日過ごしたあと、このメニューは最高!の一言です!

f:id:hayata-zakka:20180908104224j:plain
f:id:hayata-zakka:20180908104233j:plain
f:id:hayata-zakka:20180908104241j:plain



それと初めて食べたのがこちら。

f:id:hayata-zakka:20180908104322j:plain

なんと亀!!!

「亀のロースト」です!!初めて見たメニューだったので、思わずお店の方に確認(笑)。かなりおすすめということだったので、いただいてみました。

臭みも全くなく、ローストビーフのようでとても美味しかったです!

 

このお店はどの料理も美味しかったです!かなり気に入ってしまい、結局、父島に泊まった2日ともCHARAさんでの夕飯にしました。

 

⑥宿泊は「クレセント」

今回二泊したのは「クレセント」というペンション。

父島にはホテルと言える宿泊施設はおそらく「ホテル ホライズン」ぐらい。それ以外は民宿、ペンションといった感じの小さな宿泊施設です。

今回泊まったクレセントは宮之浜の近くにあります。拠点となる二見港からも歩いて15分ほどなので、立地的にはすごくよかったです。ちなみに夕飯を食べたCHARAさんからも徒歩で帰れます〜。

 

朝食はこちら。

最初の日が洋食、次の日が和食。どちらも美味!

地元の食材を多く使っているとのことでした。

f:id:hayata-zakka:20180909010422j:plain
f:id:hayata-zakka:20180909010440j:plain

 

⑦三日月山・ウェザーステーション展望台

三日月山の西の端にある展望台なので夕日がきれいに見られる場所です。ただし今回、時間の都合で夕方に行けず、父島を出発する最終日の朝に行ってきました。

 

小笠原観光さんで電動アシスト付き自転車を借りました。

f:id:hayata-zakka:20180909010915j:plain

 

30分ぐらいで展望台まで辿り着きました。が、急な坂道なので普通の自転車じゃ無理です(電動でもかなり必死に漕ぎました…!)自転車で行かれる方は電動アシスト付きを強くおすすめします! 

 

 

展望台からの眺め。残念ながらちょっと曇が多め。

f:id:hayata-zakka:20180909011008j:plain

 

⑧宮之浜

東方向の釣浜に向かって海沿いに歩いていくと、兄島を望める高台に出られます。静かなビーチとは違った魅力があり、ここからの景色も最高でした。

(ウェザーステーション展望台から自転車で20〜30分ぐらい)

f:id:hayata-zakka:20180909011215j:plain

 

⑨小笠原ビジターセンター

小笠原の自然や歴史についての資料が展示されていて、小笠原について学ぶことができます。二見港から徒歩5分くらいなので、行きやすいです。

 

⑩小笠原水産センター

二見港から清瀬トンネルを抜けたすぐ右側には小笠原水産センターがあります。

研究目的の施設のようですが、飼育されているカメや魚を見ることができます。

港から10分もあれば行ける近さなのでちょっと時間ができた時に寄るのに良いと思います。

f:id:hayata-zakka:20180908104100j:plain 

 

⑪小笠原海洋センター

アオウミガメや小笠原の生物保護のために開設された施設で、今はNPO法人が運営しています。たくさんのカメがいて、近くでみたり、餌をあげることもできます。

(二見港から自転車で15分ぐらい)

f:id:hayata-zakka:20180909011308j:plain
f:id:hayata-zakka:20180909011327j:plain
f:id:hayata-zakka:20180909011342j:plain

人懐っこいカメ、子ガメ、洗われるカメ…。あまり見たことがないいろんなカメの姿が見られます。

 

⑫島での買い物 

島内には24時間営業のコンビニはありません。買い物をしたい時は二見港近くのメインストリートにあるスーパーに行きます。

暑い中食べたあずきバーが美味しかったです。笑

f:id:hayata-zakka:20180909020121j:plain
f:id:hayata-zakka:20180909020140j:plain



 

⑬おがさわら丸の出航、見送り

小笠原の最後の楽しみが島あげてのお見送り。船が何隻も並走して見送ってくれます。船から海に飛び込んだり、とにかく盛大に見送ってくれます。この温かさでさらに小笠原が好きになってしまいます。誰もが「絶対また戻って来よう」と思う瞬間です。

f:id:hayata-zakka:20180909011535j:plain

 

以上、父島で訪れた場所の紹介でした。

父島はリゾート地化がされていなく、少し不便に感じることもあると思います。

その分、非日常を味わえたり、自然がたくさん残っているのが父島の魅力。

いつまでもこの魅力を残した島であって欲しいなと思います。

 

次回は南島ツアーについて書く予定です。

こちらも魅力いっぱいなのでお楽しみに!